歯周病治療

HOME > 歯周病治療

歯周病から大切な歯を守りましょう

「歯ぐきが腫れている」「歯磨きをすると血が出る」……それは、歯周病の代表的な初期症状。痛みがないため放置されがちですが、それでは症状が悪化するばかり。できるだけ早く適切な治療を受けることが大切です。

こちらのページでは、横須賀中央駅より徒歩7分。ヨコスカ・タワー9階の歯医者「プラザデンタルクリニック」が歯周病治療予防についてくわしくご紹介します。正しい知識を身につけ、歯周病から大切な歯を守りましょう。

日本人の8割が歯周病!?

日本人の8割が歯周病!?

「歯周病なんて自分には関係ない」と思っていませんか?しかし歯周病は、日本人の成人の約8割が「かかっている」もしくは「予備軍である」といわれているほどの国民病。どなたにとっても関係ない話ではないのです。

歯周病は、プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が毒素を出し、歯を支えている顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かしていく病気。悪化すれば歯は支えを失い、最後には抜け落ちてしまうこともあるのです。

近年では、年配の方だけでなく若い方でも歯周病を患う方が増えていますし、また赤ちゃんを妊娠している方は歯周病にかかりやすくなります。他人ごとと思わず、一度診察を受けることをおすすめします。

あなたは大丈夫?~歯周病セルフチェック~

次の症状の中に、思い当たるものはありませんか?1つでも当てはまれば、歯周病にかかっている可能性があります。一度チェックしてみましょう。

朝起きたとき、お口の中がネバネバする
歯磨きをすると血が出ることがある
歯と歯の間に食べ物がはさまりやすくなった
歯が長くなったように見える
歯ぐきが赤く腫れている、または赤紫色になっている
何もしなくても歯ぐきから出血する
口臭がひどくなった
硬い物を咬むと痛む
歯ぐきがムズムズする
歯ぐきから膿が出ている
歯を指で押すとグラグラする
採点する
歯周病危険度
1~4点
軽度歯周炎(歯肉炎)にかかっている可能性があります。
歯ぐきに軽く炎症が起こり、歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)が少し深くなっています。歯磨きのときに出血することがあります。
適切な歯磨きに加え、歯科医院で専門的な予防処置を受けましょう。
歯周病危険度
5~10点
中等度歯周炎にかかっている可能性があります。
歯を支えている顎の骨が溶かされはじめ、歯ぐきの腫れや出血が増します。歯はグラつき、歯が浮くような感覚や口臭も現れます。
重度にまで進行すれば、歯を失ってしまうかもしれません。早めに適切な治療を受けましょう。
歯周病危険度
10点以上
重度歯周病にかかっている可能性があります。
顎の骨が大きく溶かされ、歯のグラつきも大きくなります。痛みや膿も増して口臭も強くなり、このままでは歯が抜け落ちてしまいます。今すぐご相談ください。

歯周病の治療法

スケーリング

プラークが硬くなってできた歯石は、歯磨きで落とすことはできません。スケーラーという器具を使って、歯にこびりついたプラークや歯石を徹底的に取り除きます。

ルートプレーニング

キュレットという器具を使い、歯周ポケットの中に入り込んだプラークや歯石を徹底的に取り除く処置です。最後に歯根面をなめらかに磨き上げ、汚れの再付着を予防します。

フラップオペレーション

歯ぐきを切開して歯根を露出させ、こびりついたプラークや歯石、感染した歯肉組織を取り除きます。最後に歯ぐきを戻し、縫合して完了です。

遊離歯肉移植(FGG)

歯に付着している薄い歯肉部分には歯周病の進行を防ぐ役割がありますが、歯磨きのしすぎなどによって退縮してしまうことがあります。そこで上顎から移植し、歯周病の進行を食い止めます。

エムドゲイン(R)法

歯周病の悪化によって失われてしまった顎の骨を再生させる治療です。
再生させたい部分にエムドゲインゲルという薬剤を入れ、骨よりも再生が早い歯肉が入り込むのを防ぎながら、顎の骨の再生を促します。

細菌量のコントロールによる歯周病治療「3DS」

細菌量のコントロールによる歯周病治療「3DS」 当院では、薬剤を用いて歯周病予防を行う「3DS」をご提案しています。「3DS」とは、マウストレーに専用の薬剤を入れて歯に作用させることで、虫歯菌や歯周病菌などの細菌量が少なくなるようコントロールする処置です。

初期の虫歯や歯周病に対して有効であり、PMTCと併せて行うことで効果が高まります。