インプラント治療

HOME > インプラント治療

自分の歯の感覚、取り戻しましょう

歯を失ってしまったときの治療として近年、インプラント治療に注目が集まっています。入れ歯にある「ずれ」や「もたつき」がなく、まるで自分の歯のように咬めるようになるうえ、美しい見た目が得られる点が特徴です。

横須賀市・横須賀中央駅から徒歩7分の歯医者「プラザデンタルクリニック」では、歯科用CTによる精密な診断のもと、高精度なインプラント治療をご提供しています。インプラント治療でもう一度自分の歯の感覚を取り戻しませんか?

自然な咬み心地と美しい見た目の回復

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着して、自然な咬み心地と美しい見た目を回復させる治療です。インプラントと顎の骨がしっかりと結合するため、硬い物でも問題なく咬めるのが特徴といえます。

ただし、インプラント治療には顎の骨量が十分にあることが前提となるほか、手術が必要なことや費用が比較的高額になることなど、いくつか要検討する必要がある点もあります。しかし、毎日何も気にすることなく食事や会話を楽しめるという、変えがたい「快適さ」を得られる治療であることから、近年多くの方に選ばれているのです。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

失った歯の機能を回復させるには、3つの治療法があります。そのメリット・デメリットを比較してみましょう。

インプラント 入れ歯 ブリッジ
インプラント 入れ歯 ブリッジ
特徴 顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工歯を装着する治療です。 失った歯の本数に合わせて、部分入れ歯か総入れ歯をつくり、咬む機能を回復させます。 失った歯の両隣の歯を削って支台にし、連なった人工歯を橋のように架ける治療です。
メリット ・天然歯と変わらない咬み心地と見た目を回復できる
・まわりの歯に負担をかけない
・生体親和性の高いチタンを使用するため、勤続アレルギーのリスクが低い
・保険適用のものを選べば、費用を抑えられる
・短期間での治療が可能
・さまざまな症例に対応できる
・保険適用も可能なため、費用を抑えられる
・入れ歯より見た目が自然
・咬むときの違和感も比較的少ない
デメリット ・外科手術が必要
・費用が高額になる
・治療期間が長い
・顎の骨や全身疾患の状態などによって、適応できないケースがある
・見た目は比較的劣る
・装着時や咬み心地に違和感がある
・食べ物によっては咬みにくいものがある
・バネがある部分入れ歯は、健康な歯に負担をかける
・支台になる健康な歯を削る必要がある

より詳しい情報をインプラント専門サイトで提供しています

インプラント治療を安全に行うために

インプラント治療は手術を伴うため、万全な準備および安全管理が欠かせません。当院ではインプラント治療を安全に行うために、次のことに取り組んでいます。

歯科用CTによる精密な診断
歯科用CTによる精密な診断

インプラント治療では、インプラントを埋め込む顎の骨の状態や神経・血管の位置などを、事前にしっかり把握することが必要です。もし埋入位置や深さなどを誤ってしまえば、神経や血管を損傷し、神経麻痺や腫れ、アザなど、さまざまなトラブルを招いてしまうことがあるからです。

当院ではインプラント治療の前に、歯科用CTによって顎の骨の厚みや神経・血管の位置などを立体画像にて詳細に把握し、そのデータをもとに手術のシミュレーションを実施。万全の準備で確実な治療を実現しています。

生体モニターによる安全管理
生体モニターによる安全管理

当院ではインプラント治療の際に、万が一の事態に備え、生体モニター「パルスメーター」にて血圧や脈拍、動脈血中酸素飽和度などを常に把握しておりますので、高血圧の方、心疾患をお持ちの方も安心して手術を受けていただけます。もちろんAEDも完備しています。

患者さまの負担を軽減する「抜歯即時埋入」

インプラント治療では通常、抜歯をした後傷口が治癒するまで期間をおきます。それに対し「抜歯即時埋入」は、文字どおり抜歯した当日にインプラントを埋入します。そのため、手術した日から仮歯を装着することができるのです。

手術をした日から問題なく食事をとることができるうえ、治療期間を大幅に短縮。また手術が1回で済むなど、メリットが多い治療法です。

※顎の骨の状態などによって、適応できないケースもあります。

顎の骨が足りず、インプラント治療が難しいといわれた方へ

インプラント治療は、インプラントを埋め込む顎の骨量が十分になくては行うことができません。そのために、医院によっては「治療できない」と断られてしまうケースもあります。当院では顎の再生させる治療に対応しているため、そういったケースでも治療できることがあります。他院で治療を断られたからといってあきらめずに、一度当院までご相談ください。

サイナスリフト(ラテラルアプローチ)
サイナスリフト(ラテラルアプローチ)

上顎の骨が薄い場合(1~5mm程度)に、歯ぐきを側面から切開し、上顎洞(じょうがくどう:顎の骨の上にある空洞)の底部分を持ち上げて骨補てん材を注入して、骨の再生を促す治療法です。骨の厚みが確保されるのを待って、インプラント治療を行います。

サイナスリフト(バーティカルアプローチ)
サイナスリフト(バーティカルアプローチ)

同じく上顎の骨が薄い場合(4~10mm程度)に、インプラントを埋め込む穴から上顎洞を押し上げて骨補てん材を注入し、骨の再生を促す治療法です。サイナスリフトと違って歯ぐきを大きく切開する必要がなく、患者さまの負担が少ない方法だといえます。