予防歯科

HOME > 予防歯科

「未然に回避する」ことがこれからの歯科医療の役割です

虫歯歯周病などの病気になってから治療をする」という考え方が従来の歯科の役割とされてきました。しかし、治療を繰り返すことで歯や歯ぐきはダメージを受け続けることになります。一度削った歯は元に戻すことはできません。そこで、「虫歯や歯周病を未然に回避する」ことの大切さが見直されてきているのです。

横須賀中央駅より徒歩7分。ヨコスカ・タワー9階の歯医者「プラザデンタルクリニック」の予防歯科では、虫歯や歯周病の発症を未然に回避して大切な歯を守るために、定期的なお口の診察や専門的な予防処置を行っています。生涯笑顔で過ごせるよう、予防歯科で歯や歯ぐきをダメージから守りましょう。

虫歯・歯周病は予防できる病気です

虫歯・歯周病は予防できる病気です

虫歯と歯周病には、いくつかの共通点があります。それは、「初期に自覚症状がないこと」「早期治療が大切なこと」そして、「予防が可能なこと」です。虫歯の原因は虫歯菌、歯周病は歯周病菌とメカニズムが解明されているため、適切な予防を行うことによって発症を防ぐことができるのです。

「なってしまってからの治療」では、痛みや歯や歯ぐきのダメージのほか、通院回数や費用など、さまざまな負担が生じてしまいます。これらを解消できるのが「予防」です。つまり予防は、患者さま自身のためにとても有効なものなのです。

歯が大事な理由

歯には「食べ物を咀しゃくする」以外にも、いくつもの大事な役割を持っています。「歯を失ってはじめて、大事な理由に気づいた……」ということになる前に、その役割を知っておきましょう。

当院の予防処置メニュー

定期検診

定期検診お口の状態は日々変化するものですが、自分では気づくことができません。定期検診では、虫歯や歯周病の有無や、そのほかに変化が起きていないかをチェックし、早期発見・早期治療につなげます。

プラーク(歯垢)の染め出し

プラーク(歯垢)の染め出し染め出し液を使って、歯と歯、歯と歯ぐきの間に残ったプラークを染め出し、磨き残しやすい場所を調べます。その結果をもとに、クセを直して正しい歯磨きができるよう指導します。

PMTC

PMTC歯科衛生士が専用の器具を用いて、歯の汚れを徹底的に落とす専門的なクリーニングです。日ごろの歯磨きでは落とし切れていない汚れも取り除かれ、虫歯や歯周病の予防につながります。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック咬み合わせの乱れは、顎や顔つきだけでなく骨格のゆがみ、また肩こりや頭痛といった不調を招くことがあります。定期的に咬み合わせをチェックし、必要があれば適切な対処をとります。

生活習慣指導

生活習慣指導虫歯や歯周病には、日ごろの生活習慣が大きく関わっています。だらだら食べや糖分のとりすぎ、歯磨きのタイミングなどといった状況をくわしく伺い、問題があれば指導を行います。

フッ素塗布

フッ素塗布歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。フッ素を配合したうがい薬の併用を定期的に行うことで、虫歯の予防効果を高めます。また、ごく初期の虫歯であれば、これによって治癒が期待できるケースもあります。

高圧の水流で汚れを洗浄する~ジェットクリーニング~

当院では、高圧の水流に特殊なパウダーを混ぜ、歯の表面にこびりついたプラークや着色汚れ、タバコのヤニなどを吹き飛ばして取り除く「ジェットクリーニング」を行っています。水流が細かなすき間にまで届くことで、従来の歯科でのクリーニングでは落ちにくかった、歯の溝や歯周ポケットの中まできれいにすることができます。

当院では、ペリオフローという歯周病治療専用の機械を採用。グリシンのパウダーを混ぜた水を用い、特殊な先端チップによって歯周ポケットのすみずみまでの汚れを効果的に取り除きます。