痛くない虫歯治療

HOME > 痛くない虫歯治療

虫歯治療による患者さまの負担を軽減したい

虫歯」という病気を知らない人は、おそらくいないでしょう。ただし「虫歯」のしくみについて、きちんと理解できている方はあまり多くありません。きちんとした知識が不足しているからこそ虫歯になる人が多いともいえます。

こちらのページでは横須賀中央駅より徒歩7分。ヨコスカ・タワー9階の歯医者「プラザデンタルクリニック」が、虫歯についてくわしくご紹介します。きちんとした知識をもとに適切な予防・治療を選択しましょう。また当院では、患者さまの虫歯治療によるご負担を軽減できるよう、無痛治療に取り組んでいます。虫歯についてはお気軽に当院までご相談ください。

「痛い」「しみる」虫歯は、かなり進行しているかも

「痛い」「しみる」虫歯は、かなり進行しているかも

虫歯は、プラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が、食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、徐々に歯を溶かしていく病気です。初期にはほとんど自覚症状がないため、「痛い」「しみる」と感じたときには、かなり進行していると考えられます。

大切な歯を守るためには、早めの治療が欠かせません。何か異変に気づいたらできるだけ早くご来院ください。

虫歯の進行段階と治療法
CO:脱灰(だっかい) 
進行段階 症状 治療法
C0:脱灰 歯の表面のエナメル質がわずかに溶かされています。白く濁った部分が現れますが、まだ自覚症状はありません。 適切な歯磨きとフッ素塗布とフッ素のうがいで歯の再石灰化を促せば、治癒が期待できる段階です。
C1:エナメル質の虫歯 
進行段階 症状 治療法
C1:エナメル質の虫歯 エナメル質がさらに溶かされ、黒ずんだ部分が現れます。この段階でも、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、詰め物で補います。
C2:象牙質に達した虫歯 
進行段階 症状 治療法
C2:象牙質の虫歯 エナメル質の内側の象牙質に達した虫歯です。冷たい物がしみたり、痛みを感じたりすることがあります。 虫歯に冒された部分を削り、詰め物で補います。
C3:神経に達した虫歯 
進行段階 症状 治療法
C3:神経に達した虫歯 歯の奥の神経に達した虫歯です。何もしていなくてもズキズキと激しい痛みがあります。 根管治療によって、神経を取り除きます。その後は被せ物で補います。
C4:歯根の虫歯 
進行段階 症状 治療法
C4:歯根にまで達した虫歯 歯冠部分がほとんど溶けてなくなり、歯根にまで進行した虫歯です。神経が死んで一旦痛みはなくなりますが、放置すると膿が溜まり、再び激しく痛み出し、あごの骨を溶かします。 ここまで進行すると、多くの場合抜歯を行います。抜歯後は、入れ歯インプラント、ブリッジによって咬む機能を回復させます。
歯を削りすぎない虫歯治療

歯を削りすぎない虫歯治療

当院では、目視では難しい虫歯の検知を行うことの出来る「ダイアグノデント」を導入しています。虫歯になった部分だけを確実に取り除けるため、歯を削りすぎない治療が可能になります。また、削る際にも拡大鏡を用いて患部をしっかり確認。できるかぎり歯を残せる方法を選択しています。

痛くない虫歯治療

「虫歯治療は痛い」そんなイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか? 当院では、このイメージのために患者さまが治療を避け、その結果悪化させてしまうことを防ぐために、無痛治療に取り組んでいます。

痛くない虫歯治療

重度の虫歯を救う根管治療

従来、重度にまで進行した虫歯は抜くしかありませんでした。しかし歯は1本でも失うと、歯並びや咬み合わせを乱して、お口の中の環境を悪化させてしまいます。そこで研究が進められ、近年では根管治療(こんかんちりょう)によって、重度の虫歯を残せるようになりました。

根管治療とは、歯の中を通っている根管という細い管の中から、虫歯菌に冒されて死んでしまった神経や血管を取り除き、根管内をきれいに洗浄・消毒して薬剤を詰める治療です。複雑に枝分かれし、曲がりくねった根管を扱うため高度な技術が必要になりますが、これを行うことで重度の虫歯を残せるようになるのです。

当院では医療拡大鏡を用いて、確実な根管治療を実現しています。重度の虫歯でもあきらめず、一度当院までご相談ください。

根管治療の流れ
虫歯菌に冒され、死んでしまった神経・血管を取り除きます。 根管内をきれいに洗浄し、根管の長さを測ります。 さらに消毒を行い、内部に細菌が残らないようにします。
すき間ができないよう配慮しながら、すみずみまで薬剤を充填して密封します。 症例によって、歯根に被せ物の土台を入れます。 上部に被せ物を装着し、治療が完了します。
最先端の根管治療のために

虫歯による侵食が進行してしまった歯を救う最後の手段である根管治療。菌に侵されてしまった神経を完璧に取り除かなければ、治療後そこから膿が発生してしまい顎の骨にまで影響が及ぶ最悪の事態に… そのため根管治療には通院回数がかかり、一回の治療も長くなってしまう医師、患者さまともに過酷な治療というのが常識でした。 当院では患者さまの身体的負担、確実な治療のために最新の機器の導入し、これまで手で行われていた神経の除去を電動でスピーディーに、しなりのあるファイル(切削部品)を用いて複雑な根管の隅々までキレイにすることを容易にしています。